読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都心マイル計画

都心に住む陸マイラーのブログです

赤ちゃん連れグアム旅行のコツ【0歳児(4ヶ月)との海外旅行】グアム到着〜レンタカー編

子連れ旅行のコツ 飛行機マイレージ

こんにちは、nanatamです。

 

赤ちゃん連れグアム旅行、ついにグアム到着です!

今回はグアムでの赤ちゃん連れ旅行術(到着〜レンタカー)をシェアします。

前回までの記事はこちら

mrholiday.hatenablog.com

mrholiday.hatenablog.com

 

 

グアム空港到着

グアムに到着したのは深夜1:25です。

0歳の娘は起きてはいますが落ち着いており、我々夫婦も旅行で興奮しているのか眠気は特にありませんでした。

グアム到着後JCBカウンターで資料を受け取りレオパレスリゾートへのバスを待ちます。

20分程待ったあと、バスに乗ってレオパレスリゾートへ。空港からの所用時間は30分程でした。

f:id:mrholiday:20161106161016j:plain

こんな感じのバスでした。やや古め。同乗者は4組程。

 

ホテルに着いたらチェックイン。カウンターはすいており、スムーズにチェックインできました。何より日本語が通じるところがいいですね。

 

この日は家族3人同じベッドで就寝です。ベビーベッドのリクエストが届いていなかったのか、翌日から持ってきてくれるとのことでしたので、憧れ(笑)の川の字で就寝しました。

 

グアム初日、まずは中心街へ

f:id:mrholiday:20161106161430j:plain

目が覚めるとあいにくの曇り空。

今日はプールには向かないと判断したnanatam一家はグアム市街へ向かいます。

市街へはレオパレスリゾートから無料バスが出ており、所用時間約50分程。この時の利用者は我々以外おらず、貸切状態でした。

向かうはグアム中心地。目的はihopでのブランチとレンタカーです。

グアム赤ちゃん連れ食事:ihopブランチ

f:id:mrholiday:20161106162007p:plain

レオパレスリゾートから市街地へのバスはウエスティンホテルに到着します。

ホテル内にオムツ替え付きトイレがあるので、オムツ交換を済ませてから外へ。向かうはIHOP。

IHOPは私が昔アメリカに滞在していた時に感銘を受けたファミレスです。いわゆるアメリカンダイナーなのですが、日本には無いというところからか、ここで朝食を食べてアメリカ気分を存分に味わった記憶があります。

グアムのIHOPはGPO内にあります。メイン通り沿いでSTUSSYとか入っている建物です。

f:id:mrholiday:20161106162703p:plain

こんな感じでブレックファーストメニューを注文しました。

料理はザ・アメリカの味で私が求めていた通りです。隣に座っていた老夫婦も娘に優しく接してくれて、大満足のブランチとなりました。

 

但し、注意点が一点。高い!

 

レックファーストメニュー2人分で$50近くしました。

後述するローンスターのステーキが2人で$68です。それと比べるとブランチでこの値段はどうかと笑。美味しかったし楽しい時間が過ごせたので満足なのですが、この値段にはご注意下さい。

 

グアムでレンタカー【注意点と気になること】

食事を済ませ少し近隣のお店をぶらついた後、レンタカーへ向かいます。

今回利用したのはこちら。前日の夜に眠い目をこすりながら予約をしておきました。

www.guamsmile.com 

口コミの評判も悪く無く、日本語も通じるとのことでこちらを選んだのですが、結果大正解でした。 

というのも、今回17:00にレオパレスリゾートに配車というプランで申し込んだのですが、あいにくの天気のためホテルにこもっていられず、勝手に市街地に出てきてしまったnanatam一家。そのままレンタカー会社から車に乗って帰ろうと半アポなしでこのスマイルレンタカーを訪れたのです。

訪問後話をしてみるともう既に配車済みのため17:00に合わせバスで戻るか、スマイルレンタカーのスタッフに別料金でホテルまで送ってもらうかとのことです。

しかし、オーナーさんの計らいで送迎料金無しでホテルまで一緒に乗せて行ってもらい、ホテル配車済みの車を借りるという段取りにしてくれました。

急な訪問にも関わらずお昼休みの時間を割いて話を聞いてくれたスタッフさん、オーナーさんの対応もとても有難かったです。

 

グアムで初めて車を借りるなら、絶対最初は同乗してもらった方がいい

 

というわけで、担当の方の車に乗せてもらいレオパレスリゾートへ戻ります。

この選択が結果非常に助かりました。というか、こうしなかったら車でホテルまで帰れなかったかもしれません笑。

 

というほどグアムのロータリーの仕組みってわかりにくいんです。

 

◼︎レオパレスリゾートへの道〜第一の関門

f:id:mrholiday:20161106164535p:plain

グアム市街地からレオパレスリゾートへ向かう第一の関門はここ。メイン通りを抜けてプレミアアウトレットのある通りへ向かうロータリーです。

これはいわゆるラウンドアバウトの形式で、要は勝手に入って勝手に抜けるというものなのですが、初めてだとこの仕組み本当わかりにくいです。ラウンドアバウトについて詳しくはwikiを貼っておきますのでこちらを参照下さい。

ラウンドアバウト - Wikipedia

 

◼︎レオパレスリゾートへの道〜第二の関門

f:id:mrholiday:20161106165537p:plain

第二の関門がこちらです。

海沿いの道を抜けてアガナショッピングセンターへ向かう道へ入るところです。地図上で行くと右から入ってきて下へ向かいます。

ところが、この交差点では左折ができず一回横切ってから右折でロータリーに入り、地図上の下へ向かう道へ入る構図となります。

要は赤線で引いたルートを辿るということです。

 

こんなの初めてだと絶対わかりません。

 

なおかつグアムのレンタカー(スマイルレンタカーだけかもしれませんが)にはカーナビがありません。

 

この後もホテルまでは細かい道が続くので、初めてのグアムで市街地にてレンタカーを借りてレオパレスリゾートに戻ることは結構困難だと感じました。私はアメリカで車を運転したことはニューヨークで何度もあるのですが、それでもそう思ったので、初めてグアムでレンタカーを借りてレオパレスリゾートへ向かう方は最初はお金を払ってでもレンタカー会社の方に同乗してもらうことを強くおすすめします(特にスマイルレンタカーの場合)。

 

気になる赤ちゃん用設備、料金は? 

◼︎チャイルドシートは必携。でも使わない? 

グアムでも子供が同乗する場合チャイルドシートが必要です。チャイルドシートはレンタカー会社で用意してくれますので忘れずに申し込みましょう。

ただし、グアムのチャイルドシートは日本のそれと比べてとても固く、赤ちゃんもすんなり座ってはくれません。私の娘の場合、最初はおとなしく座っていたものの、ものの5分で泣き出してしまいました。

グアムでもチャイルドシートを設置していれば隣で抱っこしている分にはお咎め無しのようです。nanatam一家もチャイルドシートを付けはしたものの、結局車内ではずっと抱っこのままでした。

 

◼︎レンタカー代はいくら?お得なの?

今回2日間のレンタカーで1日$25+フル保険$20+チャイルドシート$8x2日分=$108。それに配車料金$10がかかり、合計$118でした。

私はよくわからずフル保険に入ったのですが、よくよく調べると通常の保険でも十分なことが分かり、通常保険にして配車無しの市街地受け取りにした場合は2日で$68となります。

市街地を回る赤いバスのフリーパスを2人で2日分買った場合$56です。

レンタカーの場合車内でオムツ替えや授乳もできますし、子供が疲れたらすぐにホテルへ向かうこともできます。バスではこうはいきません。それでいて$12の差ならば、利便性を考えると赤ちゃん連れのグアムではレンタカーをした方が断然お得です。

 

駐車場はあるの?

駐車場はたくさんあります。

マイクロネシアンモールやアウトレットといった場所やレストラン、K-MART等は専用の駐車場があり、市街地に出る場合でもホテルの駐車場が解放されています。

ちなみにnanatam一家が市街地に出る時に使ったのはグアムプラザホテルの駐車場です。

ここだと停めてすぐにJPストアへ入れ、市街地各所へのアクセスも便利です。

そしてJPストア内にはマクドナルドが入っているためマックで朝食を食べて市街地観光という流れを作れます。

グアムプラザホテルにはオムツ替えのできるトイレもありますよ。

 

次回予告 

本来今記事でグアムの過ごし方を全て紹介するつもりだったのですが。。笑

思った以上のボリュームとなってしまい今回はグアム到着からレンタカーまでの流れの紹介となりました。

次回はグアムでの過ごし方に関して紹介したいと思います。